※2016年2月 更新しました!
イザナミでのシストレを始めてある程度期間が経ちましたのでメモとして残しておきたいと思います。

1. イザナミの動作確認


イザナミでシストレを始める際に忘れてはいけない作業がこれ!
時間をかけて準備したのにイザナミが動かないなんてことを防ぐためにも真っ先にしちゃいましょう。

 株システムトレードソフトイザナミ

イザナミの嬉しいポイントは7日間のトライアル版が存在するということ。
ソフトをダウンロード(無料)してトライアル版を申し込むともらえるライセンスを入力するだけです
株価情報の取得から売買シグナルの表示まで一通り試せます(資産固定などの制限あり)のでシストレってこうやって運用するんだっていうのを体感するのが一番です。

また、残念ながらイザナミはWindows専用となっており、Macは対応していませんMacユーザは諦めるしかないのかというとそうではありません!非公式ですが、クラウド環境を利用する手があります簡単にいうと、ネット上のWindowsをレンタルしてしまおうとうもので、月額で費用はかかりますが
Macユーザでもイザナミを使い倒せます!(公式ではBootCamp機能に触れていますが、いずれも推奨はされていません。)

イザナミ環境を外に置くことで、Windowsユーザの方も急な故障などに対応できるなどいろいろなメリットがあります。クラウド環境のメリットなどは別記事(クラウドでイザナミを運用するなら・・・)にて

2. 証券会社に口座を開く


イザナミが動く事を確認した後にやる事は証券会社に口座を作りましょう!
実際に株の売買ができる口座がないことには始められません。

証券会社といってもいろんな種類がありますが、シストレに強いといわれているのが
GMOクリック証券
 
 理由は
・逆指値取引に対応(シストレで使用する多くの売買ルールは逆指値売買で運用しています)
・取引手数料が安い(次の項目で触れます)
・スリッページに強い
・現在口座開設後最大3ヶ月信用取引の手数料0円キャンペーン中(※2013年7月31日までの口座開設者のみ)

と点からおすすめしております!
ん?スリッページとは?と思われた方。するどいです!
逆指値+成行売買で発生する注文時の価格と実際に約定した価格の差が発生することです。

シストレで尊敬する方々が過去に検証された結果をブログにて公開していただいております。
特に参考にしたのが下記の3つの記事です

スリッページ 証券会社の比較 (おーじのシステムトレード様)
ついに実験完結!滑らない(逆指値のスリッページが小さい)証券会社No1はGMOクリック証券と判明 (ニッパーのシステムトレード研究所様)
5/14の株システムトレード結果 (トレシズの株システムトレード日記様) 

こういった記事は本当にありがたいですもう正座しながら読んじゃってます。

また、今話題のIPOも一緒に挑戦したいという方にはSBI証券がおすすめです。IPOは数打ちゃ当たる戦法が一番ですので、IPOの取り扱いの多く、かつIPOチャレンジポイントという制度があるSBI証券がおすすめです。

また、口座開設時によりお得に開設したい方はハピタスなどのポイントサイトを活用しましょう!ハピタスを経由して口座開設するだけでハピタスのポイントがたまりAmazonギフトや楽天ポイントなどと交換できます。
通常は数百ポイントなんですが、たまに数千円にポイントが跳ね上がることがあるのでキャンペーンを実施している場合は飛びついてしまっていいと思います
なんと2017/2/1~2017/3/31までにハピタス経由でSBI証券を開設すると、なんと4,000ポイント(4,000円相当)がもらえます。このキャッシュバックはすごいです!



3.信用口座を開く

 
証券口座を開いた後に真っ先にすべきことは、資金を入金し信用口座を開くことです。

え?信用?FXとかでよく聞くけどなんかこわい!というかたいらっしゃると思います。

資産以上の損失を出してしまうのは資産以上の取引をしちゃうのが主な原因です。
また売りの売買ルールで暴騰した場合も最悪無限に損失が増える可能性があります。

ということは、資産内の買い注文をすれば現物とほぼ同様のリスクということなんです。 

え?じゃあなんで信用口座が必要なの??と感じた方するどい 

それは手数料です!
信用取引は現物取引と比べて圧倒的に手数料が安いのです 。

証券口座にGMOクリック証券を選ばれた方であればプランにもよりますが・・・
例:100万円の資産で運用し、30万円の注文3つに対し全てが約定した場合
現物 : 260円(手数料) × 3(銘柄)
信用 : 100円(手数料) × 3(銘柄) + 金利

え?金利!!?聞いてないよ!
信用は資金を借りて運用するため金利が発生するんです。
GMOクリックの場合、制度信用で年利2.1%、一般信用でも年利3.5%となっています。
シストレの多くは今日買って明日売るという戦略が多いですので、上記の金利を単純計算すると・・・

制度信用 : 30万円 × 0.021 ÷ 365(1日換算) = 約17円
一般信用 : 30万円 × 0.035 ÷ 365(1日換算) = 約29円

思ったより安いですよね。

ちなみに売買手数料は買うときだけでなく売るときにもかかりますので・・・まとめますと

現物 : 260円(手数料) × 3(銘柄) × 2(買いと売り) = 1560円
信用 : 100円(手数料) × 3(銘柄) × 2+ 金利(一般 29円×3銘柄) = 687円

その差なんと約900円しかも一般信用で計算してますから、制度信用が使えれば900円以上変わってきます
1日でこの差ですから、1ヶ月・・・半年と積もっていくと結構な額になりますよね。

また、20万円以内ですと現物とほぼ同等もしくは現物のほうがお得の場合もありますので、
運用する売買ルールによって切り替える事も有効かもしれません


4.売買ルールを購入 または 自作


いよいよほとんどの準備が整いました。
最後の準備として資産の運用を託す売買ルールの選定です。
自作できる方は、自分でルールをイザナミに入力すれば後は毎日ボタンを押すのみ!
自作なんてできない!という方はトレジスタをのぞいて見ましょう
 株システムトレードのトレジスタ・ストラテジーオンライン

いろんな方が多大な時間をかけて作成した売買ルールが販売されています。

見て見たけど多すぎてよくわかんないという方がほとんどだと思います。
私がおすすめするのは、キャンペーン中の売買ルールランキング上位の売買ルール 

キャンペーンとは
 
といったもので、キャンペーン対象の多くは人気の売買ルールのセットを割引して販売しています。

何で人気の売買ルールを安く売るの?怪しい!
という方もいらっしゃるとおもいますが、

海外ではシストレはもう当たり前に実施されていますが、日本ではまだまだ知名度が低いんです。
そんな状況で勝てない売買ルールを売っちゃうと販売サイトの人気が落ちてしまう!と考えるのが現状だと思います。
今はシストレは勝てる!と知ってもらっていろんな売買ルールを試してもらう意欲を高める段階ではないでしょうか

ということでこの流れに思いっきり身をゆだねて問題ないとおもいます

ランキング上位の売買ルールについては

  毎月更新されて、直近の成績が赤裸々に公開されています
やはり成績を出せている売買ルールは過去の値動きにも強いものが多いです。
各種売買ルールは各種ページにてなんと2001年からの成績が公開されています。
気になった物はとことんチェックしましょう。

ちなみに2016年2月現在で、
このブログで運用しているのが・・・鉄壁スイングガード2,ゴッドフリート2
個人的に検証した結果総合ランキング1位の利極R
(ストラテジーランキングはこちら)
複数ストラテジーを運用してリスクを分散されたい方はキャンペーンを要チェックです。


あなたにあった、好きになっちゃうぐらいお気に入りの売買ルールを見つけてください!
私は鉄壁スイングガード2、 ゴッドフリート2を我が子のようにカスタマイズをして育てて行きたいと思っています笑。
でも2人目3人目を若干計画中ですが・・・笑。

なんか長くなっちゃいましたが、以上でシストレの準備は完璧です
物理的?な準備は以上ですがやっぱり大切なのは

1.余裕のある資金で運用(負けると人生終わるとかダメ!
2.日々の収益を楽しめる気持ち(シストレは長期です!)
3.シストレをしつつ株の勉強もする!(世界の市場の動向を見極める事も大切です)

だと思っています。
楽しみながらシストレをしましょうね 

イザナミの売買ルール比較サイトを作成しました

イザナミストラテジー比較サイト

使い方を紹介した記事はこちら=>ストラテジー比較サイト作ってみました。




当ブログはイザナミを使用してシストレを運用中 株システムトレードソフトイザナミ
『株システムトレードソフト イザナミ』♪無料ダウンロード♪