もうすぐ週末も終わり。明日から仕事の方がほとんどかと思います。気が重たいのは日経先物のせいでしょうね先日460円と大幅に下落し、16,690円で終えています。17,000円を軽く割り、16,500円も見えて来る勢いです。

さすがに、明日はこの影響を受けるでしょうから気持ちはどんよりです・・・。

そんな、どんよりを飛ばしてくれる嬉しいニュースが

新しいストラテジーの登場です

その名も・・・「ハンティング・タイム」 
最近はヒュプノス祭りでしたから、久しぶりな気がしますね

ストラテジーのタイプとしては「逆張り買い」です。イザナミ公認ルールです
逆張り買いなのでスリッページなしというところがうれしいですね

ハンティング・タイムはコンセプトとして、
ハンティング・タイムの最大のコンセプトは
仕掛けた銘柄が利益となった場合、その利益をできるだけ伸ばすようなシステムであるというところです。
と記載があり、仕掛けた銘柄がプラスの場合は手仕舞いのタイミングを伸ばすような仕組みがあるようです。

システムの工夫として

手仕舞いをできるだけ利を伸ばすように工夫
・仕掛けでできるだけ底値を狙うようにする
相場全体が下落途中の場合はできるだけシグナルを出さないようにするetc
と記載があり、2番目のできるだけ底値を狙うようにするという工夫がどんなものなのか個人的に気になりました
3番目の相場全体が下落時はシグナルが減るというのは、今のような相場ではうれしいですね個別で見ると下げすぎかもと見えても、相場全体が勢いよく下落しているとどうしてもその波には勝てないものです

ハンティング・タイムはスリッページなしというのは初心者でも運用しやすく、さらにレバレッジ1倍、前日で発注作業が完了でき運用資金50万円から提供されています。50万円から運用可能であれば、ボーナスを使ってお試しでシストレ運用してみたいといった方にはぴったりではないでしょうかいきなり大金を運用というのはなかなか勇気がいるものですから、ハンティング・タイムのストラテジー作成者がオフィシャルに資金運用ファイルを提供してくれるというのはうれしいです。

ハンティング・タイムの直近成績は、3カ月が+8.6%、1カ月が+3.4%と両方プラスになっているので直近の相場でもうまく踏ん張り切れているようですグラフをみても、偏りがそこまでなく、綺麗な右肩上がりとなっています

ハンティング・タイムと他のストラテジーとの大きな違いは、ハンティング・タイム1銘柄を10日以上保有することがあるという点でしょう。人によっては数日中に手仕舞いがしたいという方もいるかもしれませんが、私自身はそこまでこだわりがないので問題なしですね

逆に無理に資金を回すのではなく、特な時にしっかり働いてくれるという点は共感です。特に私は保有していませんでしたが、フィンテックで大盛り上がりだったさくらインターネットなど、少し長めに保有していると値幅制限も広がり大きな利益を生み出すこともありますからね(といっても現状S安になっていますが)

ハンティング・タイムは上記の特徴から、他のストラテジーに比べトレード回数が少なめとなっています12月で月次1位を獲得したF・A・Oと比べると、2000年からの16年間でF・A・Oは4269回に対し、
ハンティング・タイムは1759回となっています。

毎日発注作業をして、ガツガツ運用している感が欲しい方にはちょっと向かないかもしれませんが、毎日だと少しメンタル的にも疲れるしのんびり運用したいという方にはぴったりだと思います

毎日シグナルは出るけど苦手相場では約定しないといったストラテジーとは違い、ハンティング・タイムは下落途中判定が搭載でシグナル自体減るということで、ハンティング・タイムがシグナルが減ったときに売りストラテジーに運用資産を移すなんていう運用方もいけるかもしれないです

気になるハンティング・タイムの価格ですが、定価は64,800円先着30個までは15,000円引きの49,800円での販売となっています
ヒュプノス・ショート【グラヴィティ】が割引額が大きかったのもあるかもしれませんが、早々に50個販売してしまったところをみると、ハンティング・タイムの先着30個というのは早めに売れてしまいそうですね

イザナミの売買ルール比較サイトを作成しました

イザナミストラテジー比較サイト

使い方を紹介した記事はこちら=>ストラテジー比較サイト作ってみました。




当ブログはイザナミを使用してシストレを運用中 株システムトレードソフトイザナミ
『株システムトレードソフト イザナミ』♪無料ダウンロード♪